2009年09月19日

もう、土曜日か・・・




更新無いのもどうかなーっと思って拍手から小ネタを出しました

それだけなので更新といえるかどうか・・・


それはそうと我が子たちが可愛すぎます
寒くて擦り寄ってきたり、あしにぴったりくっついてきたり、いきなり抱きついてきたり、甘えた目でみつめてきたり・・・・・数えたらきりがありません



本当にどうしたらいいかわかりません
どうしたらいいのこの気持ち


とりあえず主人公が我が子たちを撫でたり抱きつき返す機能をつけるべきです!!
何故つけなかった!!



小ネタは続きからどうぞ










―アリサとはやて―


「何やっとるん?」
「ポケモン」
「ほぉ〜、ちょっと見せてもろてもええ?」
「いいけど・・・・・いじらないでよ」
「・・・・・ちっ」
「ちょっと!」
「冗談やて・・・・・・ぅわっ!流石やな、伝説のポケモン以外ほとんど揃ってるやん!」
「ふふん、当然でしょ。空いてるの見ると何かイラっとするのよね」
「ぁー、何かわかるわ。・・・・・・・・・ん?」
「どしたの? 変なのあったっけ?」
「いや・・・これ」
「ん? ・・・ああ、これは苦労したの覚えてるわ」
「当たり前や! ワンボックス全部ウインディLv100て!」
「ちゃんとガーディもあるわよ」
「・・・・・・・・流石、やることがちゃうわ」






―アリサとすずか―



「アリサちゃん、このポケモン貰っていい?」
「いいわよ・・・あ、この子ちょうだい」
「うん、いいよ」
「じゃあ、通信・・・っと。・・・あ、お茶淹れ直してくるからやっといて」
「うん」




「おまたせ」
「おじゃましまーす」
「邪魔するんやったら帰り」
「ふぇえ!?」
「アホか!!」
「おじゃましまーすってゆうたら、あー返すんが芸人として当たり前や!」
「あんた、いつ芸人になったのよ・・・」
「生まれた時からや!」
「・・・・・はぁ」
「にゃはは・・・」
「あ、すずかもう来てたんだ」
「うん、早めに来たの」
「早めに・・・? アリサちゃんとお楽しみやったんか?」
「なっ・・・んで! そんな発想になんのよ、たぬき!」
「んー、近いかな?」
「はぁっ!?」
「何やて!?」
「・・・・ぇえ!」
「・・・・・・?」



「“アリサ”ちゃんと結婚したの」





―アリサとすずか2―




「はぁ、びっくりしたわ。まさか・・・」
「ウインディの“アリサ”とキュウコンの“すずか”・・・よく考えたね」
「・・・・・あんたいつの間に名前変えたのよ」
「アリサちゃんがお茶淹れ直しにいったときだよ」
「・・・・・紛らわしいから、やめなさい」
「えー」
「何を今更恥ずかしがっとるんや」
「はやては喋るな!」
「・・・・・・」
「どうしたの? フェイトちゃん」
「私たちも結婚しよう! なのは!」
「アホか!」
「だって、アリサも結婚・・・」
「あんたポケモンもってないでしょ!」
「ポケモン?」
「・・・・・・あんた、まさか話し聞いてなかったの?」
「き、聞いてたよ! アリサとすずかが結婚したんでしょ?」
「ポケモンのね!」
「・・・・・・・・・・・・・ええ!?」
「・・・・最初の結婚の単語でなのはちゃんとの結婚しか頭になかったんやね」
「・・・・・えっと」
「ふふ、よかったねなのはちゃん」
「よかったの・・・か、な?」
「ね、アリサちゃ「断る!」・・・まだいってないよ?」
「言わなくてもわかるわよ・・・」
「以心伝心やね!」
「うっさい!」
「アリサちゃん」
「・・・・ん?」
「まだ時間あるから・・・ね?」
「・・・・・・」
「・・・流石やな」





―アリサとすずか3―





学校の昼休み




「相変わらずはやてのお弁当は美味しそうね」
「今日のから揚げは自信作やで!」
「うわー本当だ!美味しそう!」
「凄いねはやてちゃん!」
「皆のも凄いやん」
「あ、そうだ。アリサちゃん」
「ん?」


「私とアリサちゃんの子どもができたよ」


ぶふぉっ(←クラス一同)


「すすすすずかちゃん!!」
「何ゆうてんのや!?」
「ええ、え? えぇ!」
「・・・・・」
「あぁ!あかん、アリサちゃん思考停止しとる!」
「皆の視線が・・・」
「凄く可愛いんだよ」
「す、ストップや! すずかちゃん! 子どもって何のことなん!?」
「え? ポケモンのことだよ?」


「「「「「「・・・・・・・え?」」」」」」


「ね? アリサちゃん」
「・・・・・・」


すぅ(←息を吸う)


「「「「「「紛らわしいんじゃーっ!!」」」」」」





―ありさちゃんとおねーちゃん―





in月村家


「「「おじゃましま〜す」」」
「いらっしゃい、今お茶淹れてくるから、先に部屋に入っててね」
「りょーかいや」
「ありがとう!」
「行ってるね」



「ん〜、相変わらず綺麗な部屋や・・・・・な・・・・・・?」
「そうだね・・・・・・・・え?」
「どうしたの、二人とも?」
「いや、なのはちゃん・・・・・・あれ」
「あれ? ・・・・・・・あれ?」
「何や、あの布団。異様に盛り上がってんねんけど」
「さ、さぁ? 猫がいっぱい集まってるんじゃないのか、な?」
「ちょっ! 気持ち悪いわ!」
「・・・・・流石にそれは無いと思うよ、フェイトちゃん」


「・・・・・・・・ぅん? 」


「・・・・・・・・あ」
「・・・・・・・・わぁ」
「・・・・・・・・可愛い」




―ありさちゃんとおねーちゃん2―





「「「「・・・・・・・・」」」」


「おまたせー、淹れてきたよ。・・・・・・ぁ」

ダッ! ぎゅっ!(←すずかに抱きつく)

「だ、だれよ! あんたたち!」
「アリサちゃん来てくれてたんだね」
「え、えっと、すずかの友達なんだけど・・・」
「ちょぉ、すずかちゃん! 誰なん! この子めっちゃかわええやん!」
「うわぁ、ちっちゃい」
「ちっ!? なんですって・・・っ!」

「知り合いの子どものアリサちゃん。まだ、三歳なんだよ」
「ほほ〜」
「人見知りするから、いじめにでね」
「いじ・・・・・今ので普段どういう目で見てるか、よぉ分かったわ」


「三歳にしては賢そうだね」
「三歳とは思えん喋り方やしな」
「あはは、そうだね。でも、本当に凄く賢いよ」
「賢くて警戒心が強く、人見知り・・・」
「何だか子猫みたい」
「しかも懐いたらごっつかわええやろ?」
「えへへ、凄くかわいいよ。甘えてくるときとか・・・」
「あまえてない!」
「ねこ=ツンデレ・・・・自然の摂理やね」
「はやてちゃん・・・・」



「とりあえず、自己紹介しよか。私ははやて、よろしゅうな」
「私はなのは! よろしくね、アリサちゃん」
「私はフェイト。よろしく、アリサ」
「・・・・・」
「ほら、アリサちゃん。挨拶しよ?」
「・・・・・」
「ね?」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・ありさ・ばにんぐす」
「はい、よくできました」(なでなで)
「・・・・・・・・」
「あ、赤くなった」
「ほほ〜すずかちゃんのみ、犬になるっちゅうわけやな」
「はやてったら・・・」
「・・・・っ!」
「よっしゃ、うちも撫でt(ぱしっ)・・・・何ですずかちゃんが叩くんよ」
「はやてちゃん。普通に考えたらわかるよね?」
「え・・・・めっちゃ馬鹿にされてるんは分かったわ」
「あんたってばかなの? みためからしてばかそうだけど」
「!?」
「すずかだけなんだね、撫でてもいいのは」
「いいなぁ、すずかちゃん」
「撫でるのはすずかちゃんだけ・・・・抱きつくのは・・・っ!」
「ごめん、はやてちゃん。もう一度言ってくれるかな?」
「・・・・・冗談です、ハイ」






―ありさちゃんとたぬきおねーちゃん―




「なあ、アリサちゃん。さっきすずかちゃんの布団で寝てたやろ? 気持ちよぉ寝れたん?」
「ね、ね、ねてないわよ!」
「ほっぺたに跡ついてんで?」
「えっ?」
「嘘や」

ぺちぺちぺち(←はやてを叩いてる音)

「すずか! なによあいつ!」
「はやてちゃん?」
「ほんまスンマセン」



―アリサとポケモン―





「〜♪」
「お、何やアリサちゃん。ご機嫌やな」
「あったりまえじゃない!」
「何かあるの?」
「ふふん、これよこれ!」
「えっと・・・ハートゴールド? ソウルシルバー?」
「おお!金銀のリメイク版やん!」
「 あともうちょっとで発売するのよ!」
「予約したの?」
「当然!」
「ねえ、アリサちゃん。私もしたんだけど・・・」
「あ、すずかもしてたの?」
「うん、もしバージョンが違ってたら・・・」
「あたしは両方予約したから、どっちから始めようかしら」
「「「「・・・・・」」」」
「それより最初のポケモンをどうしようかしら?」
「ぁー、アリサちゃん?」
「やっぱりヒノアラシかな? いや、チコリータも捨てがたいし・・・」
「あ、アリサ?」
「ワニノコはやったことないし・・・」
「ああああのね、 アリサちゃん?」
「もー!さっきから何な、の・・・よ?」
「・・・・・・むー」
「な、なによすずか?」
「・・・別に、何もないよ」
「別にって・・・あたし何か、した?」
「えっと、しったっていったら、したけど・・・・」
「別にアリサちゃんは悪くないんだけど・・・」
「こればっかりはしゃーないで」
「何がよ!」
「・・・・・・アリサちゃんのばか」
「だぁー!何なのよーっ!いったい!」





いろいろとポケモンでやりたいのですが文才がないので綺麗に収まらない(ノД`)


posted by 団子 | Comment(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。